Tag: 本

ネットで本を買って失敗しました

私はネットで本を買うと言う習慣はなかったのですが、ある時新聞の書評欄を読んでこれはいい内容の本だと思い買い求めました。
翌日届いた本を早速読み始めました。

あまり内容が伝わってきません。書いてあることはわかりますが、期待した水準に達していないのです。
三分の一ほど読んだところから飛ばし読みしました。1800円損したなと思いました。
私は書評と著名な経済人が書いた自伝的な一冊ということを根拠にネットで買ったのですががっかりしました。

それから二週間後くらいしてまた同じ失敗をしてしまいました。

同じ新聞の書評を読んで買ってしまいました。米国の本を翻訳したものですが、内容が書評とは天と地の差がありました。

翻訳も下手でした。
内容も悪い、翻訳も下手ということで、20~30頁読んで放棄しました。この本は2800円もしました。

これからはネットで新作の本を買うことは難しいことだと思いました。
よく知られた本や辞典類等はネットで買っても問題ないが、新作新刊は止めようと思いました。
それに新聞の書評は、その本を読者に買わせたい一心で書いているのだと言うことが分かりました。

今の書評は、本来の書評から遠ざかっていることを認識しました。

やはり新作の本は本屋でじっくり立ち読みして選ぶべきであると思います。

Tags: ,

amazonへの思い

私は何を買うのもよくamazonを利用します。
というのも、地元があまりにも田舎過ぎるので、自分が欲しいと思ったものがすぐ近くにない!
ということが多々あるからなんです。
たとえば、漫画。
発売日だし、本屋さんにあるよね?店頭にずらっと並んでるよね?
と思って向かえばまるで置いている雰囲気がない。
ポップ等で告知をしているわけでもない様子。
地方だと発売日通りに店頭に並ぶわけじゃないですよ、という事を教えてもくれないんです。

でも、amazonは違います。
ぽちっと購入ボタンを押すだけで、きちんと自宅に届けてくれるんです。
しかも、配送状況が見れるおかげで、何日に届くかがおおよそわかるので、
「今日は帰ったらこの漫画を読むんだ!」という気持ちのまま、その本にのめり込むことができるんです。
CDも然り、です。
特にマーケットプレイスの中古品だと、
本来漫画よりも高いはずのCDが1円で売っていたりするのでとてもありがたいんです!
私はちょっとマイナーなアーティストの曲をよく聞くので(笑)、1円中古は本当に重宝しています。

ただ、一度だけamazonに対して混乱してしまったことがあります。
それは、いつものクレジット支払・郵送から、コンビニ受け取りに切り替えてみた時でした。

感覚的に、商品が指定先のコンビニに届いたら、そこのコンビニに代金を支払って、
その場で受け取り、という流れだと思っていたんです。

しかし、いつまで経ってもamazonからコンビニに商品が届きましたという連絡が来ません。
これは…?と思い、改めてamazonのサイトに飛び、コンビニ受け取りの説明文をよく見たら、
一度お金を振り込んでから、コンビニに商品が届くというシステムとの事…!
危うく商品購入を取り消される所でした。
おかげでクレジット決済で運んでもらう事の有難さが改めてわかってしまいました(笑)

 

 

Tags: , ,
Back to top